ゴルファーズ検定

The 連打

読売ニュース

Celtic Woman - A New Journey - The Prayer





大人のディスコ 100
「大人のディスコ」と題されたこの5枚組の1枚目と2枚目は代表的なディスコ・ヒットを集めた「スーパー・ヒット・ディスコ編」で、1枚目は70年代、懐かしの「ディスコティーク」の時代から「サタデイ・ナイト・フィーバー」が日本を席巻したあたりまでのヒット、2枚目は80年代、MTV時代からバブル絶頂期の手前までのヒットをコンパイル。80年代編にはティアーズ・フォー・フィアーズの「シャウト」など、これがディスコ・ヒット?と首を傾げたくなる曲も入っているが、当時のディスコは踊れる踊れない関係なく最新のヒット曲が聴ける場所でもあったので、こういう選曲もありなのかもしれない。

3枚目と4枚目は特に素晴らしく、「サーファー編」「クリスタル編」とタイトルがつけられたポップ・ファンク系のナンバーがずらりと並ぶ「サーファー・ディスコ」名曲選になっており、当時同様に人気があったはずのユーロ・ディスコ(新宿系?)を一切排した選曲には監修者の強いこだわりが窺える。すっかり歴史に埋もれてしまったマイナーなR&Bヒットも多く、非常に勉強になるセレクション。当時頻繁に夜の六本木に繰り出していた音楽ファンには、感涙ものの内容だろう。

そして5枚目はなんと「チーク・タイム編(!)」で、数々のバラード・ヒットを収録。「クラブ」と呼ばれるようになる前のディスコには「チーク・タイム」という素晴らしいシステムがあったのだ。レーベルの制約もあって「あれも一緒に聴きたいなー。」という曲が随分抜けてはいるのだが、そこら辺は他社のコンピレーションに期待することにしよう。1980年前後に青春時代を送った「クリスタル世代」に、特に強くお奨めしたい好企画盤。

 

ISLANDER Jawaiian Breeze 2
映画でもCDでも言えることだが、
得てしてこの手の「続物」の場合は
初作のみが優秀である場合が多いと思う。

このISLANDER JAWAIIAN MUSIC2 に関しては
個人の好みによるとは思うが、私は
この2作目の方が断然優れていると感じている。
選曲のセンスの良さ、バランスの良さが一作目よりも断然良い。

さて、中身であるが
いきなり一曲目のナレオの「pocketful of paradise」にやられてしまう。
「この後に、どんな曲を配置してくるのだろう…」とわくわくしてしまう。
ゆったり系、さわやか系、重量級ジャワイアン…と
様々な曲を何度も楽しめる、とても優秀なCDです。
ジャケットも、いい感じです。

 

ザ・プレイヤー [DVD]
現代の映画作りの真実を痛快に暴いた傑作 グリフィンが間違えて人を殺してしまう
あのときのタッチ実にリアルで見事 ティム・ロビンスの演技は必見ですね
この男 話が進むにつれて段々と自分をコントロールできなくなっていく ところが怖いなぁ
犯罪ドラマにもなっていて 最後この男は捕まらずに終わるそれがリアリティーなんだね
最後はハッピーエンド的な感じで終わるのだけれど 音楽などをハッピーな感じにしている
だけでありハッピーエンドに終わっていない そこが面白いねぇ映画に生きる人間を
サンセットおおどうりとは違う見せ方で描いている この作品は見事な傑作です。

 

ザ・カンヌ・プレイヤー [DVD]
<詳細>
カンヌ映画祭に大勢の有名人が来ている真っ最中のカンヌが舞台。
ベテラン映画プロデューサーのサイは「どんなやつでもカンヌ映画祭の有名人にしてみせる」という賭けをする。そして、仕事を求めてやってきた冴えないフランクを新進気鋭の脚本家に仕立て上げ、架空の企画を言いふらして、ハリウッドスターや監督らを巧みな嘘でだまし、次々と商談をまとめていく。
とうとうフランクは本当に有名人になって、カンヌの新聞に大きく掲載されるまでに至ったが・・・。

JOHNNYは当然、ハリウッド大スター”JOHNNY DEPP本人”として特別出演。
JOHNNYのシーンは、『デッド・マン』の監督ジム・ジャージュッシュと共に、瞑想をしている。
そこへサイとフランクがやってきて、嘘の映画の企画でJOHNNYと契約をするというもので、当然JOHNNYも嘘の映画企画にまんまと騙されるという内容。

JOHNNYのシーンは少ないが、自然体のJOHNNYを垣間見るような気分を味わえる。

<感想>
大真面目に瞑想しているのだが、なんか微笑ましいというか可笑しくて笑ってしまう。

また、主人公のフランクがJOHNNYにべったりくっついて隣に座っていると、「くっつくな。うっとおしい」と不機嫌そうにJOHNNYが言う。そして、やたらとフランクに自分のタバコを勧めてジッポのライターで火をつけてやる。このときのJOHNNYは、”撮影”ではなく、素顔のJOHNNYを覗き見でもしてるかのように楽しく嬉しくなってしまうのだ。

そして後半では、冷ややかに怒っているシーンもあり、日本在住の我々には見ることのできないJOHNNYも拝めるのだ。怒ったJOHNNYもやっぱり渋くて素敵なのだと再認識してしまう(笑)

 

ピロウズ&プレイヤーズ’03(デラックス・エディション) [DVD]
 ネオアコ好きの彼も彼女も持っていたチェリーレッド伝説のコンピレーションが復活。でも、僕はやっぱりLPレコードで聞く方が好きだなあ・・・。

 

ベスト・バロック100
個人的には「バッハ100」をリリースしてほしかったのですが、、、まぁ音楽史に燦然と輝く黄金時代、バロックの音楽は親しみやすく、聞きやすいと思います。演奏も綺麗で聞きやすく、王道といった感じでしょうか。J.S.バッハのカンタータ147番がギターでアレンジされていて、これまた新鮮で素晴らしく仕上がっていると思います。他にもヘンデルやヴィヴァルディ等著名な作曲家の有名な曲ばかりなので、あまりクラシックに縁がない方でも楽しめるでしょうし、癒されるでしょう!

 

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ オフィシャルプレイヤーズガイド (ファミ通ザ・ファースト―ティアリングサーガシリーズ)
色々書くと長くなってしまいそうなので良い点・悪い点を上げたいと思います。
良い点
・オールカラー
・人物相関図
・歴史解説
・説明書だけではわかりずらいシステムの解説

悪い点
・7章までしか載っていない
・全身キャラ絵や設定等は載っていない
・各キャラのクラスチェンジ条件やクラスチェンジ後の能力は載っていない
・本が固いので見開いたままプレイするのは辛い


 

リネージュ THE CROSS RANCOR エピソードV プレイヤーズバイブル
 とにかく、テストを繰り返し、淡々とデータを並べる本のつくりがイイですね。
 ゲーム全体をカバーしている「攻略本」ではなく、ゲームの概要をある程度理解している人の「知りたいトコロ」を、いい切り口で掲載してくれてます。
 いままでのリネージュ関連本で一番好きかも。それにしてもバトルタイガーは強い!

 

ザ・プレイヤー 動画


人気動画


商品先物取引 証券取引セミナー AIトレナビ動画マニュアル1章
エーゲ海 『エーゲ海に船出して』 ドラゴンクエストⅥ
ジョージ朝倉 恋文日和 予告編
翼をください Junko Yamamoto 翼をください  1997.8
ホーム アウェイ 恵太と佳純 2008/9/20 名古屋vs新潟
生瀬勝久 ホレゆけ!スタア☆大作戦 羽野晶紀 -1/4
聖闘士星矢 聖闘士星矢op2
ワイルド7 ワイルド7
妖奇士 天保異聞妖奇士 Ep01-b
カサブランカ カサブランカダンディ by Julie

ザ・プレイヤー 情報


村上淳 wiki
デロンギ レビュー
8 1/2 映画